東京糖尿病療養指導士(東京CDE)とは

東京糖尿病療養指導士:東京CDEとは

主として医療現場における糖尿病患者さんの指導にあたる専門職で、糖尿病の病態、治療等に関する高度な知識を修得し、当機構の研修に参加、認定試験に合格した医療職等の有資格者。

内科以外の領域でも糖尿病患者さんへの対応が求められている現在、糖尿病に関する実践的な知識の習得の場として、また、チーム医療の中で重要な役割を果たす、キーマンの養成にご活用ください。

東京糖尿病療養指導士(東京CDE)の受験資格

地域要件:受験時に、東京都に勤務(あるいは居住)※

※他県に勤務、居住しており、受験を希望される方は、地域のCDEを取得されることをお勧めしています。
なお、以下のような場合はご相談ください。

・地域にCDE、CDSがない
・地域の資格条件が合わない
・東京都に転勤予定、勤務先が頻回に変わる
・住居が東京都に近接し東京都が活動拠点になっている など

資格要件:受験時に下記に該当する資格を有するもの。

看護師、保健師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、診療放射線技師、准看護師、健康運動指導士 他

※受験対象資格について、ご不明点がありましたら、お問い合わせください。
事務局お問い合わせ
Q&A -よくある質問-