東京糖尿病療養支援士(東京CDS)とは

東京糖尿病療養支援士:東京CDSとは

主として健康増進や福祉、介護などの幅広い職域において糖尿病予備群や一般生活者を対象に、糖尿病の知識の啓発と予防にあたる専門職で、糖尿病の病態、治療等に関する一定レベルの知識を修得し、当機構の研修に参加、認定試験に合格した専門職有資格者。

健康増進や介護の場でも、糖尿病やその予備軍の存在が目立つ時代です。糖尿病についての専門知識を有するスタッフの存在が、よりよいケアや思わぬ事故やトラブルの防止に役立ちます。職場に一人、チームに一人、頼りになる人材育成にご活用ください。

東京糖尿病療養支援士(東京CDS)の受験資格

受験時に、東京都に勤務(あるいは居住)し、下記の該当する資格を有するもの。

社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、介護支援専門員(ケアマネジャー)、歯科衛生士、栄養士、臨床心理士、登録販売者、自治体職員(保健、健康増進担当)、医療事務、医薬情報担当者(MR) 他

※受験対象資格について、ご不明点がありましたら、お問い合わせください。
事務局お問い合わせ
Q&A -よくある質問-