認定資格取得者の声

認定資格取得者の声

2020年度に東京CDE・CDSの資格を取得された方のコメントをご紹介します。

東京CDE・20代・女性・管理栄養士

糖尿病のより専門的な知識をつけて指導ができたらと思っていた矢先に東京CDEを知りました。薬の勉強や、疾患について分かりやすい講義であり、とても勉強になりました。また、知識を固める事にも繋がりました。
勉強期間は仕事との両立で大変なこともありましたが、今後の自分に活きる資格取得という目標ができ、充実した期間でもありました。
基礎疾患がコロナウイルス重症化の一因と言われる中で、より多くの人が自身の生活習慣病を予防する重要性を感じ、意識が向く時世になっていると思います。そうした方々へ指導ができる専門資格所有者がより多くの場で活躍できる機会の一助と感じています。
今後の自身の成長へ役立ていきたいと思います。

東京CDE・40代・女性・調剤薬局勤務・薬剤師

調剤薬局の薬剤師がとれる糖尿病関連の資格をさがしていたところ、インターネットでこの東京糖尿病療養指導士に出会いました。
糖尿病患者さんの合併症予防や腎障害予防に調剤薬局としても役に立ちたいと考えながらも、なかなか糖尿病を体系だって勉強する機会がなく、eラーニングで学べるとても良い機会だと思い参加しました。
働きながらでも計画的に無理なく学習できるカリキュラムで、各専門家による、食事、運動療法、治療の基本を一通り学習でき予想以上の満足度でした。
服薬指導にもすぐに役立つ内容でした。スキルアップ研修で継続的に学習できるのもありがたいです。

東京CDE・50代・女性・病院勤務・看護師

自分の希望の日程で受験会場を選べることがとても良かったです。さらに、PCに向かってeラーニングで学習を開始できたため集中することができました。
自己学習は主にスマホのアプリと、昔、英単語を覚えるときに使用した単語帳にポイントを書きだして持ち歩き、夜勤の合間などに学習していました。テキストは自宅での学習の時にしか使用しませんでした。家事をやりながらなので、夜中に学習していました。
当院では糖尿病チームがあり、次年度から糖尿病教室も行いたく、チームで資格を取ろうという話になり受験しました。コロナの影響で開催できるかどうかはわかりませんが、これで胸を張って、自信をもって、患者さんの指導に携わって行けます。

東京CDS・30代・男性・医薬情報担当者(MR)

かねてから本認定資格に興味があり、取得する機会を検討していたところ、eラーニングで学習できるという情報を伺い、この度の受験を決心しました。
オンデマンド配信期間に繰り返し視聴が可能で、自分のペースで学習ができるため、理解も深まり安心して認定試験に臨むことが出来ました。
コロナ禍で様々なことが変化しており、糖尿病診療に関しても変化への対応力が問われていると感じます。本認定資格の取得が、変化に対応する一つの契機になるのではないかと考えています。
今後も自らが変化できることに集中することで主体的に活動し、影響の輪を広げていきたいと考えています。